.kaurismakilog

<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

原田


どうでもいいけど

「いーあるふぁんくらぶ」って曲好きなんだけど

その曲の続編があったって先日知った。





自分としてはすげー良い作品なんだけど

こういうのはコードが好きとか編成が好きとか歌詞が好きとかじゃない。

前作を知ってることで、すでにその世界観はできあがってて

あとは曲全体に散りばめられた前作の世界観のカケラを組み合わせて

雰囲気を追体験できるのが心地好いだけなんだ。

ファンブックみたいなもんだね。



ようするにファンは同じ感動を追体験したい。

だから「かまいたちの夜」を好きなファンが

「かまいたちの夜2」をプレイしてブチギレたってことだよね。

そういうことはよくあるので人気のものほど同人二次創作が生まれる。

実際、同人ゲーム「煉獄―かまいたちの夜2―anoteher」は

ファンが作ったものだが、自分にとってはこれこそ「かまいたちの夜2」だ、という出来映えだった。







で、やる側として音楽的に好きなのはこんなんです。





これも原曲知ってるからなんだけど



[PR]
by kaurismaki-0721 | 2017-03-29 03:28 | Comments(0)

原田

ここ数年自分で録音して自分で編集してるんだけど

あーしたいこーしたいというのは模倣で

すでにあるCDの音と競争してんだよね。

そこを追うと編集技術は上がるし参考にしてるCDの音に近づけるんだけど

肝心なのは録った音が本来どうあるべきかなんだよ。



自分のCDの話で申し訳ないが

「terraceにて」というソロアルバムで

最後の曲の最後のワンフレーズだけ完全に無加工の録ったそのままの音で〆るという実験をしてみたことがある。

結果、自分としてはこのアルバムのラストの瞬間だけ音が生きている気がしている。

他の音が全部死んでるとかそういうことじゃないけど

ラストがくると、それまでの音を覆す生きた音がきこえるなーと思ってしまう。

他にもシャカリーマン金太郎というアルバムで全曲無加工を試したことがあって

こっちはうっすらリバーブだけ入れてるんだけど、他は音圧も音量バランスさえも全く手を加えなかった。

一発録音で演奏内容も良い録音とは言えないんだけど

音としては、とても好きだったんだよ。

自分が単に虚飾が嫌いなだけかもしれないけど。

でも正直、一度無加工で発表してみると、他のCDと同等の音質、音圧にしなきゃいけないという強迫観念が無くなってくる。

一体、派手さもインパクトもない自然な音の何が悪いのか。

あ、何かに使用する音楽っていうのならある程度水準が揃ってないといけないだろうけどね。

本来の音量、音圧、ダイナミクスを良しとする人間が同じように共存できれば良いなとは思う。


俺がそう思うって時点でそういう人は増えてるのか。




で、全然関係ないけど先日貼った「プラトニック・ラブ」の歌詞に出てくる「君の好きな歌」はこれのようです↓




とりあえず音圧の話とかどうでもよくなるね。

みんなそれぞれ好きにやったらいいよ。それが一番だよ。




[PR]
by kaurismaki-0721 | 2017-03-22 02:31 | Comments(0)

原田




宮坂氏とボカロについて話した。

シャカさんとの話で出てきた渋谷慶一郎氏のボカロ作品。

きいてみたらやべーこれ。



[PR]
by kaurismaki-0721 | 2017-03-15 01:39 | Comments(0)

原田




So in love

モンジュー時代よくやってたジャズの名曲ですが

日曜洋画劇場のエンディングで流れるバージョンが最高だと思います。

簡単に人を死へと向かわせるこの絶望感。





唐突ですが、僕は歌をきいてて歌詞が全然頭に入ってこないんですよ。

きいただけじゃ脳がサウンドとしてしか処理してくれないんですよ。

歌詞カードを見ながらきいて、ようやく何を言ってるか聞き取れる。

だから他の人がいい歌だ、といきなり曲をきかせてくれてもよくわからなかったりする。

それはメロディとコード、サウンドが自分好みかどうかでしかきいていないからで
タイトルや歌詞とのつながりが見えてないんだよね。


さきほど「何を言ってるか聞き取れる」と書いたけど、それも言葉が聞き取れるだけで何を言わんとしてるかまで理解してなかったりする。

近年ボカロをよくきくようになったんだけど
よく考えると、ボカロの声は――苦手な人が多いのがわかるとおり――何を言っているのかわかりにくい部分があるんですね。

そのため、ボカロ動画の大半は歌詞が表示されるようになっている。

最近では映像作家と組んで歌詞の表示の仕方にも演出が加わってたり面白いです。

そんなわけでボカロの歌はこんな僕でもすごく曲の内容が理解できる作りになってるんですよ。

そうなると、確かに自分が思ういい歌はサウンドが好み、というだけではないってのがわかってきました。

そして、ボカロに拒否反応おこす人の大半は
アコーディオンやってる人が打ち込みのアコーディオン聴かされて「なんだこれ気持ち悪りー」って思うのと同じなのかなと。

ボカロは歌をきく、というより歌詞とサウンドをきく、という感じなのかもしれませんね。





































いやせつないわーこれ。




[PR]
by kaurismaki-0721 | 2017-03-08 01:58 | Comments(0)

原田

最近気分転換に読んでた2chの怖い話

昔読んでてもう忘れてた話とかも読み漁ったんだけど

釣りとかその辺どうでもよくて自分の好きなタイプの話は

「きさらぎ駅」
「ヒサルキ」
「根絶やしの歌」

このへん。

で、読んでるうちに出くわした

「手淫中に幽霊が出た訳なんだが」

素晴らしかった。

怖いとかじゃない。

超青春純愛ラブストーリーだった。


で、名作は限りがあるので読むものもなくなってしまって

それでもなんでもかんでも気になったら読むようにしてたんだけど

気づいたら

いつの間にか自分がエロ小説を書くようになってしまっていた。

俺はいったい何がしたいんだろうと思いながら

日々空いた時間を見つけては書く。

ひたすら書く。

読み返す。

狂ってる。

いやエロといっても全然エロくないんだ。

エロ小説を書こうと思って書き始めたのに

全然エロいとこまですすんでくれないんだ。










[PR]
by kaurismaki-0721 | 2017-03-03 06:19 | Comments(0)

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

検索

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな